インプラント

当院のインプラントシステム

構造と治療法について 治療の流れ 患者様の声 インプラントの最新機器 こんな方にオススメします メンテナンスの重要性

HAインプラント

HAインプラントは、表面にコーティングされたHA(ハイドロキシアパタイト)の性質により、インプラントが顎の骨と生化学的に結合(バイオインテグレーション)します。
また、短期間で骨との強固な結合が得られるため、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する(抜歯即時埋入)場合に大変有効です。抜歯即時埋入の場合、新たに歯肉を切開せずにインプラントを埋入できるため、痛みや腫れを軽減できます。

HAインプラントについて詳しくはこちら

ソケットリフト

ソケットリフトとは、従来であれば骨が薄くてインプラントを埋入できない場合においても、安全にそして確実にインプラントを埋入するテクニックです。上顎の歯が抜けてしまった場合、その周りの骨が痩せて上顎洞までの骨の厚みがなくなってしまうため、ソケットリフトが有効です。

ソケットリフトについて詳しくはこちら

スプリットコントロール

骨に必要以上のダメージを与えることなく、安全に圧し広げてインプラントを埋入する治療法です。高精度のスクリュー形状を有するスプリットコントロールは、無理なく無駄のない骨のスプレッティング(圧し広げ)とコンデンシング(圧縮)が可能で、ほとんどの脆弱な骨に行えます。

スプリットコントロールについて詳しくはこちら

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法とは、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込む治療で、腫れや痛みがほとんど出ないのが特徴です。数年前までは非常に難しい治療とされてきましたが、現在では研究と技術開発がなされ、一般的になりつつあります。
ただし、歯肉を切開するわけではないので、歯科医師に高度な技術と経験が必要とされる治療です。
当院ではCTを導入しておりますので、術前に骨幅や骨の形態を十分に把握することができ抜歯即時インプラントが行えるのです。

抜歯即時埋入法について詳しくはこちら
pagetop