HAインプラント

インプラントで失った歯を取り戻す

インプラント治療とは、虫歯や歯周病によって歯を失った部位の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込んで、その上から人工歯を装着する治療法です。天然歯同様の噛み心地と美しさを回復できるため、入れ歯やブリッジに代わって近年多くの患者さんに選ばれています。

当院では、画期的なインプラントシステム「HAインプラント」を導入して、患者さんの負担が少ない治療をご提供しています。

HAと従来のシステムとの違い

従来のインプラント

従来のインプラント

インプラント治療は、顎の骨に穴を空けてインプラントを埋め込み、しっかりと固定します。そのため、ある程度の骨量が必要になります。

従来は、材質がすべてチタンでできたインプラントが主流でした。チタンインプラントは、骨量がやや不足していてもインプラント埋入と同時に骨を再生するGBR(※)を行うことによって治療を可能にしていましたが、骨量が大きく不足している場合は、インプラント埋入の前にGBR(※)によってあらかじめ顎の骨を再生させておく必要がありました。そのために手術回数が増え、治療期間の長期化を余儀なくされ、患者さんの負担は大きなものとなっていたのです。

(※)GBRとは?
インプラントを埋め込むのに十分な骨量がない場合に、骨の厚みや幅を増やすために用いられる治療法。

HAインプラント

従来のインプラント

一方、HAインプラントは中心部にチタン、その周りにHA(ハイドロキシアパタイト)を使った二重構造に なっています。表面にコーティングされているHAは骨や歯の主成分であり、生体組織との親和性が極めて高い物質です。顎の骨と生化学的に結合(バイオインテグレーション)するため、従来のインプラントに比べ、より早く強い結合とより多くの骨形成が期待できます。そのため、以下のような症例の場合でも、埋入前にGBRを行うことなく抜歯と同時にインプラントを埋入できるのです。

  • 歯周病や歯根破折により、顎の骨が大きく失われているケース
  • 骨がやわらかく、インプラントを埋入しても動いてしまうケース(初期固定が取れないケース)
  • 上顎洞までの顎の骨の厚みが5ミリ以下のケース
  • 根尖病巣(虫歯が歯の神経にまで到達し、歯の根の先に膿の袋ができること)があるケース

HAインプラントのメリット

治療期間の短縮

従前は個別に行ってきた治療を同時に行えるため、手術回数が減り、治療期間が短くなります。

審美的な修復

インプラントの手術には高度な技術が要求されます。特に上の前歯のように審美性が重視される部位においては、何度も手術することにより審美性が損なわれるおそれがあります。その点、HAインプラントなら同時に処置できるため、審美性が悪化するリスクを防ぐことができます。

ストレスの減少

1本のインプラントを埋入するために何度も同じ部位を手術することは、患者さんにとって大きなストレスになります。手術回数が少なくなることは、患者さんのストレスの軽減につながります。

このように、HAインプラントはチタンインプラントに比べ多くのメリットを持っています。インプラント治療をお考えのみなさまは、1,600本を超える実績を有し、国内最高水準の技術を誇る長島デンタルクリニックにお任せください。

pagetop