ソケットリフト

骨が足りなくてもインプラントができます

一般的にインプラント治療を行うには、インプラントを埋め込む顎の骨にある程度の骨量があることが条件になります。
そのため、他の歯科医院で「骨が足りないから……」と言われ、インプラント治療を断られた患者さんもいらっしゃるかもしれません。しかし、「ソケットリフト」や「スプリットコントロール」という事前治療を行うことにより、骨が足りない患者さんでもインプラント治療が可能になります。

長島デンタルクリニックでは、「ソケットリフト」「スプリットコントロール」を採用し、骨量の少ない患者さんにも広くインプラント治療をご提供しています。

骨の厚みが足りない場合は「ソケットリフト」

日本人は一般的に、上顎の歯が抜けてしまうとその周りの骨が痩せてしまい、上顎洞までの骨が薄くなります。従来は、その部位にインプラントを埋入することはできませんでした。しかし現在では、インプラントを埋入する部位から上顎洞に向けて人工骨を入れ、上顎洞までの骨の厚さを増やす「ソケットリフト」によって、インプラント治療が可能になりました。

1.HAインプラント最新技法のソケットリフト(ピエゾ法)手術手順です 2.HAインプラントを埋入する歯茎を切開します 3.最新医療機器のピエゾサージェリーを使用し、歯槽骨を切削します 4.水圧によりシュナイダー膜を傷つけることなく、上顎洞底部を挙上し隙間を作ります
1.
HAインプラント最新技法のソケットリフト(ピエゾ法)手術手順です。
2.
HAインプラントを埋入する歯茎を切開します。
3.
最新医療機器のピエゾサージェリーを使用し、歯槽骨を切削します。
4.
水圧によりシュナイダー膜を傷つけることなく、上顎洞底部を挙上し隙間を作ります。
5.水圧によりできた隙間に自己の血液から作製したCGF(血小板濃縮フィブリンゲル)を埋入します 6.HAインプラントを埋入します 7.CGFの働きにより、骨の再生が行われていきます 8.歯茎を縫合し手術完了です(おおよそ4ヶ月程で骨とインプラントが結合されます)
5.
水圧によりできた隙間に自己の血液から作製したCGF(血小板濃縮フィブリンゲル)を埋入します。
6.
HAインプラントを埋入します。
7.
CGFの働きにより、骨の再生が行われていきます。
8.
歯茎を縫合し手術完了です(おおよそ4ヶ月程で骨とインプラントが結合されます)。

ソケットリフトの特徴

  • インプラントを埋入する部分から押し上げるため、傷口が小さく済む
  • 術後の腫れや痛みがほとんどない

また従来は、インプラント埋入前にサイナスリフトを行ってあらかじめ骨を作っておく必要がありました。骨ができるまで約6~8ヶ月待ってからインプラントを埋入していたため、治療期間が長くなり、患者さんに大きな負担がかかっていました。

しかし、当院が採用している「HAインプラント」なら、ソケットリフトとインプラント埋入を同時に行うことができます(上顎洞までの骨の厚さが1ミリでも可能)。HAインプラントは、手術の回数も治療期間も短縮できる優れたインプラントシステムだと言えるでしょう。

pagetop