スプリットコントロール

骨が足りなくてもインプラントができます

一般的にインプラント治療を行うには、インプラントを埋め込む顎の骨にある程度の骨量があることが条件になります。そのため、他の歯科医院で「骨が足りないから……」と言われ、インプラント治療を断られた患者さんもいらっしゃるかもしれません。しかし、「ソケットリフト」や「スプリットコントロール」という事前治療を行うことにより、骨が足りない患者さんでもインプラント治療が可能になります。

長島デンタルクリニックでは、「ソケットリフト」「スプリットコントロール」を採用し、骨量の少ない患者さんにも広くインプラント治療をご提供しています。

骨の幅が足りない場合は「スプリットコントロール」

日本人は一般的に、上顎の歯が抜けてしまうとその周りの骨が痩せてしまい、上顎洞までの骨が薄く顎の骨は、歯が抜けることで痩せてしまいます。特に、上下の前歯を抜いて長期間が経過した場合や、入れ歯を使用していた部分の顎の骨は、もっとも細いインプラントでも埋入が困難あるいは無理な場合があります。

このようなケースでのGBRは、骨からの血流が乏しいため骨を再生することが難しく、患者さんにも大きな負担がかかります。しかし「スプリットコントロール」を用いれば、骨を無理なく再生できるのです。スプリットコントロールとは、従来ではインプラントを埋入できないような細い骨を圧し広げ、圧縮しながらインプラントを埋入する治療法です。

骨の幅が足りない場合は「スプリットコントロール」

スプリットコントロールの特徴

  • 骨に対するダメージが少なく、安全に圧し広げられる
  • 高精度のスクリュー形状を有するスプリットコントロールは、無理なく無駄のない骨のスプレッティング(圧し広げ)とコンデンシング(圧縮)が可能
  • ほとんどの脆弱な骨に使用できる
pagetop