構造と治療法について

インプラント構造

長島デンタルクリニックでは、HA材を使用したインプラント治療を行っております。
HA材とは、ハイドロキシアパタイトと呼ばれ、歯や骨を構成する成分です。
その成分によって治療期間が短縮でき痛み無く治療を行う事ができます。

インプラントは歯の抜けたところに、人工の歯根を植え、しっかりと顎(あご)の骨と固定した後に、人工の歯を制作し装着する方法になります。

インプラント説明画像1 インプラント説明画像2

従来の治療方法との違い

インプラント説明画像3

HAインプラント

HAインプラントは、表面にコーティングされたHA(ハイドロキシアパタイト)の性質により、インプラントが顎の骨と生化学的に結合(バイオインテグレーション)します。
また、短期間で骨との強固な結合が得られるため、歯を抜くと同時にインプラントを埋入する(抜歯即時埋入)場合に大変有効です。抜歯即時埋入の場合、新たに歯肉を切開せずにインプラントを埋入できるため、痛みや腫れを軽減できます。

HAインプラントについて詳しくはこちら

ソケットリフト

ソケットリフトとは、従来であれば骨が薄くてインプラントを埋入できない場合においても、安全にそして確実にインプラントを埋入するテクニックです。上顎の歯が抜けてしまった場合、その周りの骨が痩せて上顎洞までの骨の厚みがなくなってしまうため、ソケットリフトが有効です。

ソケットリフトについて詳しくはこちら

スプリットコントロール

骨に必要以上のダメージを与えることなく、安全に圧し広げてインプラントを埋入する治療法です。高精度のスクリュー形状を有するスプリットコントロールは、無理なく無駄のない骨のスプレッティング(圧し広げ)とコンデンシング(圧縮)が可能で、ほとんどの脆弱な骨に行えます。

スプリットコントロールについて詳しくはこちら

抜歯即時埋入法

抜歯即時埋入法とは、抜歯をすると同時にインプラントを埋め込む治療で、腫れや痛みがほとんど出ないのが特徴です。数年前までは非常に難しい治療とされてきましたが、現在では研究と技術開発がなされ、一般的になりつつあります。ただし、歯肉を切開するわけではないので、歯科医師に高度な技術と経験が必要とされる治療です。
当院ではCTを導入しておりますので、術前に骨幅や骨の形態を十分に把握することができ抜歯即時インプラントが行えるのです。

抜歯即時埋入法について詳しくはこちら

インプラント治療によるメリット

インプラント説明画像4

歯が1本抜けている場合、従来の治療法では両側の歯を削りブリッジという治療を行っておりました。
インプラントなら抜けた部分のみにインプラント治療ができるので他の歯を削る必要はありません。

沢山の歯が抜けている場合、従来のブリッジなら残っている歯だけで、かむ力を支えなければなりません。このかむ力はとても大きなものです。インプラントを行うことにより本来の歯数のバランスがとれかむ力による歯の負担が軽減されます。

奥歯が抜けている場合、従来の方法では取り外しする入れ歯でしたが、インプラントにすることにより取り外さないでブリッジがいれることでしっかりと固定され安心して食事がとれます。

症例

症例1
歯周病のため、グラグラしています。   抜歯し、インプラントを入れる準備をしています。
(抜歯即時埋入インプラント)
  インプラントを入れて、4ヶ月後にセラミックの被せ物を装着しました。
症例2
差し歯の根が折れています。   抜歯と同時にインプラントを入れて、3ヶ月後にインプラントが顎の骨としっかりと結合しました。
(抜歯即時埋入インプラント)
  セラミックの被せ物を装着しました。
自分の歯と見分けがつかないほど、インプラントは綺麗に治療することができます。
症例3
2本の歯を残すことができない状態です。   2本の歯の抜歯と同時にインプラントを入れて、仮歯の装着した状態です。
(抜歯即時埋入インプラント)
  インプラントを入れて4ヶ月
歯を抜く前と変わらない口元になりました。
症例4
上の顎の歯のほとんどが虫歯になっており、このまま残すことができません。   上の顎に5本のインプラントを入れて4カ月後、インプラントにアバット(土台)を付けた状態です。   セラミックでできた10本の歯をインプラントに装着した状態です。
これでしっかり咬むことができるようになりました。
症例5 症例6
50代女性術前 50代女性術後 60代女性術前 60代女性術後
50代女性(術前)
上の前歯が2本欠損しており入れ歯を装着していましたが。入れ歯をさせている歯が弱くなりインプラントを希望し来院されました。
(術後)
2本インプラントを埋入して固定式のブリッジに変更しました。
60代女性(術前)
右下奥歯のブリッジが外れてしまうので、2本歯が欠損している部分にインプラント埋入し、治癒を待っている状態です。
(術後)
インプラント埋入後、インプラントの被せ物を装着。被せ物の半分が金属になっています。かみ合わせの強い方(ブラキサー)にはセラミックの破折のリスクが高いため、患者さんの承諾を得てメタルにする場合があります。
症例7 症例8
50代男性術前 50代男性術後 70代女性術前 70代女性術後
50代男性(術前)
上の奥歯が2本欠損し入れ歯を装着していましたが、うまく食事ができないためインプラントを2本埋入。 インプラントと被せ物を連結する役目をするアバットメントを装着した状態です。
(術後)
セラミックで仕上げた被せ物を装着。
70代女性(術前)
総入れ歯を御使用されていましたが、しっかり食べ物を噛みたいという希望で来院。 治療後のメンテナンスを考慮して7本のインプラントを埋入。
(術後)
被せ物の材質は人工ダイヤと呼ばれるジルコニアで作製しました。 ジルコニアはプラークが付着しづらく、メンテナンスの管理が他の材質と比べしやすいのが利点のひとつです。 被せ物は3つのパーツに分けてあります。材質と形態はすべてメンテナンスのしやすさを優先しています。
症例9 症例10
60代女性術前 60代女性術後 70代女性術前 70代女性術後
60代女性(術前)
右上が4本歯が欠損しています。入れ歯では違和感があり咬みにくいためインプラントを希望です。
(術後)
インプラントは欠損している歯の数を入れる必要はありません。 このように歯が4本欠損している場合には、一般的にはブリッジの形態を取ります。
70代女性(術前)
左上奥歯が折れて抜歯になり、インプラントを埋入(抜歯即時埋入)。
(術後)
一番奥歯のインプラントで注意する点のひとつにセラミックが破折する場合があります。 原因は天然歯と異なり、顎の骨と隙間なく結合するためと考えられています。そのため、このように一部分メタルにします。
pagetop