インプラント最新機器

インプラント治療にCTが必要な理由

インプラント治療にCTが必要な理由

インプラント治療において「CT」は非常に大きな役割を果たします。安全なインプラント治療を受けるためには、CTを完備している歯科医院を選ぶことが絶対条件になると言っても過言ではありません。

インプラントを埋め込む顎の骨の厚みや固さは人によって様々で、顎の骨の中には、頭と身体をつなぐ重要な数多くの神経や血管が通っています。そのため、骨の特徴を正確に見極めたうえでインプラントを埋入しないと、思わぬ医療事故を引き起こしてしまうこともあるのです。

一般的なレントゲン写真では、3次元的な顎の形態、位置を確認できません。複雑な神経や血管、また骨の密度や構造をより正確に把握するためには、CT撮影が欠かせないのです。

フレーム上部

CTのない医院だと…

CTを用いずレントゲン写真のみでインプラント治療を行う歯科医院もありますが、特に下の顎にインプラントを埋入する場合、非常に危険をともなう場合があります。

術前の診断はもちろん、術中に万が一のことがあった場合を考えても、CTがあることはインプラント治療を受ける医院選びの必須条件となるでしょう。

フレーム下部 フレーム上部

高性能のCTスキャン装置で、安全・安心のインプラント治療を実現

昨今、低価格のCTスキャン装置が普及しています。しかし、安いものは画像も粗く不鮮明なことがあります。
その点、当院が導入している「ファインキューブ(R)」なら安心です。

ファインキューブ(R)とは?
ファインキューブ(R)は、株式会社吉田製作所が開発した歯科用CTスキャン装置で、歯や顎の骨の状態を精細な3D画像で立体的に見ることができます。他の装置に比べて高精度の3D画像がわずか2分でできあがるのが大きな特徴です。

フレーム下部 フレーム上部

ファインキューブ(R)の特徴

超高分解能画像撮影機能

歯や顎の状態を極めて正確に把握できるため、確実で安全なインプラント治療を実現できます。

低被曝量

医科用CTスキャンの5分の1~10分の1程度の被曝量なので、年数回の撮影でも安心して使用できます。

フレーム下部

当院では、ファインキューブ(R)による3D画像に基づき、術前にコンピューター上でオペのシミュレーションを行っています。顎の骨の状態を正確に把握したうえで患者さんに最適な治療計画を立て、確実にインプラントを埋め込んでいます。患者さんと一緒に3D画像を見ながらしっかりとご説明して、ご納得いただいてから治療に臨んでいますので、インプラント治療をお考えの方は安心してご相談ください。

インプラント最新機器

FotoSan630   矢印 感染部分に光感受性物質を注入し、光を照射することで殺菌する安全な治療法です。
数年前から欧米を中心に抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法としてLAD治療が急速に普及しています。
LAD(Light Activated Disinfection)は日本語では「光殺菌」と訳され、光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する画期的な治療法です。

LAD治療の特徴
  • 抗生物質による治療とは異なり、LAD治療は耐性菌をつくりません。
  • 光感受性ジェルはあらゆる細菌の細胞壁や細胞膜に浸透するので、抗生物質の耐性菌でも殺菌可能です。
  • 患部に光感受性ジェルを注入し、LED照射を行うだけで治療中に痛みを伴いません。
  • 副作用がないので繰り返し治療に利用でき、妊婦さんや薬を服用できない方も利用できます。

効果
1.光感受性ジェルが細菌の細胞壁や細胞膜に特異的に浸透します。
2.特定の波長の光が照射されると、光感受性ジェルがエネルギーを受け取り「活性酸素」を大量に発生します。
3.「活性酸素」が細菌の細胞壁や細胞膜を破壊し、高い殺菌効果を発揮します。
LAD(光殺菌)治療
FOTO SAN 630
ライン   ライン
オステオトーム   コッシのバー
オステオトーム・テクニック
OSTEOTOME TECHNIQUE
  コッシのバーテクニック
COSSI BAR TECHNIQUE
矢印 オステオトームとは、上顎の骨に空けた直径2.8ミリの穴に入れて、骨を圧し広げたり圧縮したりする機具です。先端に人工骨を付けてマレットで軽く槌打し、その部分の骨を若木骨折させます。マレットで叩く際、骨が硬いと振動が頭に響きやすく、長時間続けると患者さんに負担がかかることがあるため、当院では5分以上続けないようにしています。
若木骨折する直前になると、マレットで叩いている音が清音から濁音になり、手に響く感触が変化するタイミングがありますが、これはある程度経験を重ねたドクターでないと分かりづらいもの。当院では、経験豊富なドクターの確かな技術のもとオステオトームを行っています。
  矢印 コッシのバーとは、顎の骨を切削するための機具のことで、イタリアのDr.コッシが考案したものです。先端に特殊な加工がされており、シュナイダー膜に触れてもシュナイダー膜が切れにくくなっています。またストッパーが付いており、一定の深さ以上削り込まないような構造をしています。
通常の切削器具とは異なり、骨が硬い場合は時間がかかることがありますが、骨を削る振動が(オステオトームに比べ)少ないので、患者さんにとっては楽な方法です。当院では、骨の硬さや上顎洞までの距離などによって、患者さんごとに様々なコッシを使い分けています。
ライン   ライン
ピエゾサージェリー   リフティングドリル
ピエゾサージェリー
PIEZOSURGERY
  リフティングドリル
LIFTING DRILL
矢印 高精度に骨の切削を行う事ができるピエゾサージェリーは、超音波の振動で削る音のしない治療になります。
またソケットリフト手術時、水圧を利用した上顎洞底挙上を行う際に使用します。

歯科特有の嫌な音も感じさせません。
従来の治療法に比べ腫れも痛みも少なく、骨の薄い患者様にも最適なインプラント治療となります。
  矢印 リフティングドリルとは、ソケットリフトを行う際に、骨の少ない箇所を掘り進める専用のドリルです。先端部が特殊な形状をしていることで、上顎洞底粘膜にかかる圧力が軽減されるのがメリットです。患者さんに全く不快感を与えずに、安全に上顎骨をリフトアップさせることができます。
ライン   ライン
CGF   静脈内鎮静法
CGF
血小板濃縮フィブリンゲル
  静脈内鎮静法
ジョウミャクナイチンセイホウ
矢印 自己の血液を遠心分離することにより、血液中の赤血球などが分離されます。同時に凝固因子が自然に刺激され、添加物を一切含まない完全自己血液由来のフィブリンゲルを生成する事が出来ます。   矢印 インプラント治療を行うにあたり「恐怖感、痛み」等不安に思われる患者様が多数おります。

通常の麻酔とは違った静脈内鎮静剤を使用することで不安を和らげます。
高血圧や心臓に負担の掛かる体質の患者様にも最適です。
ライン   ライン
コンパクトCT   レーザー治療器
コンパクトCT
CONPACT CT
  レーザー治療器
LASER TRATMENT
矢印 パノラマサイズでコンパクトに断層撮影が行えます。

撮影時間は、わずか40秒で瞬時にスキャナーコンソールで確認が行えます。
  矢印 レーザー治療では、痛みの軽減ができます。
インプラント2次手術時、歯茎に埋もれたインプラント体の先を出す段階で使用します。
ライン   ライン
pagetop