こんな方にオススメします

このような方はインプラントを

歯を失ってしまった場合の従来の治療法である入れ歯やブリッジは、噛み心地においても見た目においても患者さんに十分にご満足いただけるものとは言えませんでした。一方インプラントは、従来の治療法のデメリットをカバーし、よりよい口内環境を作り上げる優れた治療法です。

以下のようなお悩みやご希望がある方は、インプラント治療をご検討ください。

今、入れ歯・ブリッジを使っている方

  • 口の中に違和感がある
  • 口臭が気になる
  • 発音や発声がしにくい
  • 硬いものが食べられない
  • 見た目が気になり、人前に出るのに気後れする

歯を失ってしまい補綴治療をお考えの方

  • 奥歯を失ったためにブリッジが適用できない
  • 入れ歯に抵抗がある
  • 硬いものをしっかり噛めるようになりたい
  • 食事を美味しく楽しみたい
  • 健康な歯を削りたくない

インプラント治療の注意点

インプラント治療にあたっての注意点

虫歯や歯周病がある場合

スプラインHAインプラントであれば、 虫歯や歯周病(歯槽膿漏)があってもインプラント手術に影響はありませんが、重度歯周病のある方はインプラント手術後の 感染のリスクがありますので、こちらが指示しますお薬の服用や術後の口腔内の管理(口腔清掃等)は必ずお守りください。

全身疾患がある場合

糖尿病や心臓疾患、高血圧などの全身疾患により、血圧や血糖値がコントロールできない方は、
残念ながらインプラント治療を行えない場合もあります。
治療の前に内科の主治医と連絡して、患者さんとも十分にカウンセリングをしたうえで、
インプラント治療が可能かどうか判断します。
可能となれば歯科専門の麻酔医のもと静脈内鎮静法を併用すれば安心して行えます。

服用している薬がある場合

服用中の薬がインプラント治療に悪影響を与えることがあります。
必ず治療前にお薬手帳を御提示ください。

低年齢の場合

顎の骨の成長が終わっていない18歳未満の方はインプラント治療はお待ちください。

高齢者の場合

超高齢化社会の成熟と医療の進歩により高齢者の方がインプラント治療を希望されるケースが増えています。
静脈内鎮静法を行えば、術中の全身管理ができますので精神的、肉体的にもストレスなしにインプラント治療ができます。

喫煙者の場合

喫煙者の場合

喫煙は血管を収縮させ、血液の環流を阻害させ、術後の歯肉の治癒を遅らせ、
さらにはインプラントと顎の骨との結合に悪影響を及ぼすおそれがあります。
これは治療期間が長くなることを意味します。
喫煙者の方はこれらの点を十分に理解して頂きインプラント治療に臨んでださい。

pagetop