メンテナンスの重要性

治療後のメンテナンスについて

インプラント治療後にはメンテナンスが非常に大切です。
「インプラントは手術をして、埋め込んだらおしまい、インプラントは虫歯や歯周病(歯槽膿漏)にもならない」と思われている患者もいらっしゃいます。
インプラントは人工歯根ですから、100%虫歯になることはありませんが、 毎日の口腔清掃を怠るとインプラント周囲炎という天然歯が歯周病(歯槽膿漏)となったのと同様に、インプラントを支える顎の骨が吸収してきます。
一度感染を起こすと一気に進む場合もあります。
この原因はインプラントが天然歯と比べて歯周病原因菌に対して抵抗力が弱いことが挙げられます。

インプラントには神経がないため、このような炎症が起きても痛むことはなく初期の自覚症状がありませんが、 インプラントがグラついたり歯肉から膿が出たりしたときにようやく気付き、その時はかなり症状が進んでおり、せっかく入れたインプラントを除去する場合もでてくるのです。
このような結果を招かないようにするためには、良好な口内環境を保つことが必要となります。
治療後から定期検診を受けて、毎日丁寧なブラッシングをすることを心がけてください。

インプラント治療がこれだけ広く普及してきますと、 当院で使用していないインプラントがお口の中に入っておられる患者様に出会う機会が出てきました。
転勤や引っ越しなどで、インプラント手術をされた医院に行きたくても遠くて、通うことが困難になった方やその他の理由で診療の継続が難しくなった方など、他医院で入れられたインプラントやインプラントの被せ物のトラブルについてもしっかりと対応致しますので、お気軽に御相談下さい。
例えば
・インプラントのネジが緩んできた
・インプラントが動く
・インプラントの周りの歯茎が腫れる、出血する
・食べ物がよく詰まるようになってきた
・インプラントが抜けた
・インプラントの被せ物が外れた、かけた
・食べ物がうまく咬めない

審美歯科治療でも…

審美歯科治療の詰め物や被せ物などの補綴物も、いつまでも美しさを保つためには、日頃のお手入れが大切です。

どんな方法で行うのか?

元々ある歯、インプラント治療や審美歯科治療で手に入れた新しい歯…… いつまでも良好な状態で使い続けるためには、歯科医院で行う「オフィスケア」と自宅で行う 「ホームケア」の両方でメンテナンスすることが大切です。

オフィスケア--PMTC

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、「専用の機材を使用した、プロによる歯のクリーニング」のことです。 歯科医師や歯科衛生士が専用機材とフッ素入りペーストを用いて、バイオフィルム(虫歯原因菌の塊)を除去します。 歯の表面がツルツルになり、歯の痛み・腫れを抑えることができるので、虫歯や歯周病の予防効果があります。 また、歯の寿命を延ばすためにも効果的です。

ホームケア--ブラッシング

ブラッシング

インプラント周囲炎や通常の歯周病、虫歯は、毎日の丁寧なブラッシングで十分に予防できます。 適当に歯ブラシを動かすのではなく、歯科医師や歯科衛生士の指導を受けて正しいブラッシングを行いましょう。

インプラケア インプラケア図1 インプラケア図2

「インプラケアー」はインプラント治療をされた患者さんのメンテナンス用歯磨き粉として開発されました。主成分は漢方薬としても使用される生薬です。

天然の歯は強固な繊維や靭帯が歯の周りを取り巻き浸出液という洗浄剤で常に歯と歯肉の間を洗い流しています。(図1)
【主成分】
◇マスティック樹脂:マスティックの樹の樹液で歯周病菌に対して高い抗菌力がある。
◇ハス:真菌(カビ)に対して高い抗菌力がある。
◇鶏血藤:血流が良くなり歯肉のうっ血を解消する。

インプラントは天然の歯と異なり非常に不安定な状態で、常に細菌感染のリスクが伴います。
インプラントと歯肉の間には微妙な隙間があり、天然の歯のような洗浄機能がありません。したがって、長期にインプラントを安定的なものにするためには、どうしても細菌を防御するものが必要になってきます。
そこで開発されたのがインプラケアーです。
インプラケアーは細菌からインプラントを守り、歯肉を健康にする効果があります。
インプラントを長持ちさせるには、歯肉を引締めてインプラントと歯槽骨を細菌感染から防御する必要があります。

インプラントは歯と骨が強固に結合(オッセオインテグレーション現象)していますが、歯肉とは接触しているだけです。(図2)

歯が抜ける原因のほとんどは歯周病です。インプラント治療は歯周病を改善してからでないと成功しません。
インプラケアーを治療に取り入れることで歯周病が早期に改善し、インプラント手術も予防に使用することによって、インプラント歯周炎を予防することが出来ます。

pagetop