歯を失ったら…

歯を取り戻す3つの方法

虫歯や歯周病、不慮の事故などで失われてしまった大切な歯。 たった1本が欠けただけでも、いざなくなると大変不便な生活を強いられることになります。 そこで歯科医院では、患者様に快適な生活を送ってもらうため、失われた歯の機能を回復させる治療を行うのです。

機能回復にインプラント・入れ歯・ブリッジ

失われた歯の機能を回復させるために行う歯科治療には、インプラント・入れ歯・ブリッジの3つがあります。
それぞれのメリット・デメリットを踏まえて比較してください。

インプラント

インプラント

メリット

  • 入れ歯・ブリッジに比べて自然な噛み心地と見た目を手に入れることができる。
  • 発音への影響がない。
  • ブリッジと異なり周囲の歯を削ることがない。
  • 入れ歯と異なりクラスプ(バネ)をかけて周囲の歯に負担をかけることがない。

デメリット

  • 外科手術をしなければならない。
  • 治療費が高い。
  • 治療期間が長い。

入れ歯

入れ歯

メリット

  • 治療期間が短く、保険適用なら数千円で済む。
  • ブリッジと異なり周りの歯を削ることがない。

デメリット

  • 違和感・異物感がある。
  • 固い食べ物が食べにくい。
  • 見た目が不自然になりやすい。
  • 発音に悪影響が出ることがある。
  • 手入れに手間がかかる。

ブリッジ

ブリッジ

メリット

  • 費用をかければ見た目の仕上がりがいい。
  • 固定式のため違和感があまりない。

デメリット

  • 装着するために周囲の歯を削らなければいけない。
  • 歯が抜けた部分の顎の骨が弱りやすい。
  • 発音に悪影響が出ることがある。
  • 手入れに手間がかかる。
pagetop