Q&A

よくあるお問合せ

身体への負担について

question 治療ができない対象は?
Answer 高血圧、糖尿病、心臓疾患等の全身疾患をお持ちの方は局所麻酔下でのインプラント手術では
リスクがありましたが、静脈内鎮静法を併用することにより、
これらの患者様もしっかりと全身管理ができますので、安心して手術を行うことができます。
しかしインプラント埋入予定部位の顎の骨(下顎の場合に限ります)が極端に厚みが無い方は
インプラント手術は、神経損傷の可能性が高くなりますので、変更を余儀なくする場合もあります。
ライン
question 身体に影響はあるの?
Answer 身体に全く影響はありません。
スプラインHAインプラントの表面に使用しているハイドロキシアパタイトという材質は、
歯や骨の主成分です。
他のインプラントよりも顎の骨に馴染みやすく、早期に顎の骨と結合します。
ライン
question 治療は痛い?
Answer インプラント手術中の痛みはありません
静脈内鎮静法を併用すると手術中のことは全く覚えていません。
ただ術後は歯茎を切ったり、顎の骨を削ったりしますので
術後の腫れや痛みはあります。
ライン
question 年齢制限あるの?
Answer 顎の成長が続く18歳以下では、インプラント治療は避けた方がいいと思います。
18歳以上であれば年齢の上限はありません。
ライン

上記の他にご質問、分からない事等ございましたら こちら からお問合せいただくか、
直接ご来院いただけましたら詳しくお話しさせていただきます。

pagetop